アドセンス狩りによる広告停止の被害を防ぐ対策とは?

今回はアドセンス合格後、アドセンス狩りに遭わない為の対策について書いていきます。

収益化に向けて第一歩を踏み出す為の「Google Adsense」の合格 ※以下アドセンス

それに合格するにはさまざまな準備をせねばならず。ブロガーデビューされた方は、昼も夜もPC作業に打ち込まれてる方も多いでしょう。

広告の申請には1発合格した方や、何度もやり直して合格した方もいらっしゃるのです。

やっとつかんだ合格を水の泡にされてしまうのがアドセンス狩りによる広告停止なのです。

今回の記事について
  • Googleアドセンス審査に合格した方
  • 合格後にアドセンス狩りの対策をしていない(危険)
  • 広告停止の被害を受けた方

合格という嬉しい知らせから一転、悪意ある者による嫌がらせで広告停止の措置を受けてしまうのです

実は私もアドセンスに合格するまでそんな言葉を全く知りませんでした。

私は合格してから2ヶ月目ぐらいでその存在を知り、急いで対策した経緯があります。

たまたまその「アドセンス狩り」の被害を受けなかったのですが、ツイートから広告停止になったりして落ち込まれている方がたくさんいらっしゃいました。

そうならない為にも、合格後は速やかに対策をしておかなければなりません

アドセンス狩りって何?

※Googleアドセンスポリシーより一部抜粋
  • サイト運営者様がご自身の広告をクリックしたり、手動または他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増やしたりすることは禁止されています。
  • Google 広告のクリックは、ユーザーの純粋な関心に基づいてで行われる必要があります。Google 広告を作為的にクリックまたは表示する行為は固く禁止されています。禁止されている行為には、反復的な手動のクリックや表示、クリックや表示を自動生成するツールの使用、ロボットや不正なソフトウェアの使用などがありますが、これらに限定されません。サイト運営者様がご自身のサイトに表示される広告をクリックする行為は、どのような理由があっても認められません。

無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。

無効なトラフィックの例は次のとおりです。

  • サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  • サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
  • 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

貼り付けてある広告をクリックすることで収益が発生するのですがこれが作為的にクリックされてしまうのです。

Adsenseポリシーでは作為的クリックやインプレッションを増やすとポリシー違反による広告停止の対象になります。

つまり第三者の悪戯や嫌がらせのクリックで、第三者へのペナルティではなく、ブログ運営者に直接ペナルティが及びます。

これを受けると非常に悔しいですし、何も悪い事をしていないのにかかわらず容赦なく広告停止のペナルティを受けるのです。

スポンサーリンク

危険度が上がるアドセンス合格ツイート

アドセンス狩りに遭う可能性が最も高くなるのは、審査の合格後が最も高くなる可能性が推定されます。

アドセンス合格ツイートをすると反響を皆さんからたくさん頂きました。

このツイート後、私のブログにアクセスが集中しました。PV数もそんなになかったのにこの時ばかりは顕著でした。

このツイートをした後にアナリティクスを見てみると、アクセスが急上昇していたのです。

合格ツイート前に広告を先に掲載していると作為的なクリックによって、対策を取っていないと広告停止を受ける可能性があります。

ツイートによるアクセスは集中します。私は幸いにも合格ツイートの後、暫く経ってから広告を貼り付けたので、難を逃れた可能性が高いです。

しかしプラグインやアドセンスとアナリティクスの連携もしていなかったので危険な状態であったことは間違いありません。

皆さんも合格ツイートをされる時は十分気をつけてください。

プラグインで対策

アドセンス狩りには手も足も出ないのか?というとそんなことはありません。

ワードプレスを利用されている方であればプラグインで対策できるのです。

不正クリックを防止させるための「AdSense Invalid Click Protector」というプラグインがあります。

作為的なクリック防止策として、不正クリックを行ったものには広告を出さなくするプラグインになります。

ただし完全防御できるわけではありませんので、後述するアドセンスとアナリティクスとの連携で、クリック率などは定期的にチェックしておきましょう

ワードプレス管理画面で「AdSense Invalid Click Protector」を検索
プラグインをインストールする
プラグイン⇒設定画面において
「Change the AdSense Invalid Click Protector Settings」の設定をする ※導入のまま使用可
  1. Set the Ad Click Limit・・・何回のクリックで制限するか?
  2. Click Counter Cooke Expiration Time ・・・1から何時間のうちでクリックされたら停止するか?(3時間)
  3. Set the Visitor Ban Duration・・・何日間表示させないか?
    • 3時間のうちに3回クリックされたら7日間表示されないとしています
    • 私は導入のまま使用中

もし設定を変更したい場合については、設定部分の数字を変更することでクリック数や時間、配信停止時間を設けることが出来ます。

これを入れるだけで、不正クリックによる広告停止のリスクを下げることが出来ます。

スポンサーリンク

Googleアナリティクスとアドセンスの連携

グーグルアナリティクスとの連携によって不正クリックを常に監視することが可能になります。

Googleアナリティクスの「管理画面」を開き「アドセンスのリンク設定」をクリック
新しいAdSenseリンクをクリック
コンテンツAdSenseをクリック⇒続行をクリック
リンクの設定⇒「0個のビューが選択済み」⇒「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックし、リンク有効化をクリック
1個のリンクされたビューが出れば成功

このアナリティクスとの連携でアドセンス画面からアナリティクスの状況も把握できるようになります。

まず異常クリックが無いかどうかはページCTR(クリック率)を確認しておいて、異常に高い数値が無いかは定期的に確認しておきましょう

異常を認めたらグーグルに一報を

アナリティクスとの連携で、異常なクリック率などを発見したときにはグーグルアドセンスヘルプにある「無効なクリックの連絡フォーム」に一報を入れておきましょう。

その時に必要になるのが、その証拠となるデータです。クリック率や怪しいIPアドレスなどはアナリティクスよりデータを収集することが出来ます。

早めの報告でアカウントの停止になる事態を防いでくれます。

最後に

周囲にアドセンス狩りの被害に遭われている方が多く、広告停止などの措置に遭っています。

始めたての頃は何もわかりませんでしたが、遭遇すると収益化の頼みの綱となる広告は表示されなくなり、ブログを運営するモチベーションは大きく下がってしまうことでしょう。

そうならない為にプラグインの導入、アナリティクスとアドセンスの連携によって不正クリックをチェックしておき、グーグルに報告するなど適切な措置を行いましょう。

特に収益化間もないブログは狙われやすい傾向にある為、それを防ぐためにも対策は絶対に必要です。

他人事だと思わずいつ被害者になるかもわかりませんので、できる限りの対策をとり、アドセンス狩りに備えておきましょう。

ここまで見て頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA