プロフェッショナルへの登竜門 入社式編

こんにちは!tmkです

前回に引き続き、地獄の研修編をお送りさせて頂きます

いよいよ、入社式を迎える当日の朝。起床時間は、朝6時00分から30分の間に起きて、広場で体操を行います

当時衝撃的だったのが、起床チャイムが決まった時間に流れのですが、普通のチャイムでなくて

社歌なんです。しかも、爆音で部屋のスピーカーから流れます

まだ、2日目の朝です。そんなのに全く慣れてないので気分の悪い目覚めでした

それで、歌が流れた後にそのまま広場に集合して

7時から体操が始まります

体操!いきなり怒号

でも、体操の集合なんて7時からとはいえ多少遅れても平気でしょ、と思うかもしれませんがそうはいきません

鉄道会社で、時間を守るというのはとても重要なことなんです

1分遅れても遅らせてもいけないんです

それを知った上での行動ではないですが、5分切るぐらいに私と相方は早めに広場に出るんですけど

それでも遅くて、講師陣に「遅い!」と言われる始末

時間に間に合ってるのにごちゃごちゃうるさいなと当時思いましたね

後々、言われるのですが研修生活は全て5分前行動なんですよ。どの講義もどの場所で行われようとも5分前なのです

なので、5分切ったら怒られたのです

万が一、朝一番の講義に間に合わなければ遅刻扱いです

遅刻・・・それは、鉄道マンにとって切っても切れないのですが遅刻は不祥事扱いになります。そして、会社にいる限り永遠と自分の経歴に傷が付くんです。それで、昇進が遅れたりするぐらい致命的です。これはどこの鉄道会社でも同じなはず

また、これは別な記事で詳しく書きますね

本題に戻りますが、学生気分でまだまだ何も知らない研修生は集合時間ギリギリかもしくは時間過ぎてから部屋から出てくるんですよ

どうなるのかというと

めちゃくちゃ怒られます

かなりきつい口調で怒号が飛びます

昨日とは打って変わって担当講師が鬼の形相で「お前なめてんのか!!帰れ!!」と遅れてきた人に言うわけなんですよ

まだ2日目です

昨日の優しい言葉は全て嘘でした

で、散々怒られながらも体操を終えるとクラスごと分かれてミーティングに入ります。入社式に向けた準備と集合場所を伝達され、やっと朝食です

朝から散々な目にあってますが、まだ業務はまだ始まってません

部屋に戻り、制服に着替えて時間までにクラスまで急いで向かいます

クラスでは、昨日出来なかった自己紹介が始まり、2日目にしてやっと顔と名前が一致した気がしました

スポンサーリンク

練習から入社式本番へ

まもなく入社式の練習が始まるのですが、クラスが多いことと五十音順になる関係で、なぜな各々の別なクラスに分かれて別な講師からの受けることに

クラスで待っていると、講師の方が入ってきました

若い女性の方だったのはよく覚えています

で、色々説明を貰うわけなんですが都度返事を求められても生温い返事しかしないんですよ。

そしたら

いきなり机をバインダーで叩いて

「お前ら、こっちが聞いてるのに何で返事しないんだよ!声もでねぇのか!?」と

母親以外の女性があんな口調で激怒してるの初めて見ました

ものすごい剣幕だったのでそこにいたクラスのメンバーはすかさず「はい!」って返事を返してました

そこからは、なんとか怒らせることも無く

説明を受けて一旦整備のクラスに戻りました。

そこで担当講師が

「お前ら、絶対に入社式で寝るなよ!見つけたらチェックするからな」と言うわけです

そんなこと言われなら寝るにも寝れないと思いながら入社式を迎えます

入社式では、体育館で執り行われます。とにかく、人数が多かった記憶があります

式が始まると、起立、着席の連続で全員が乱れなく行うのは迫力がありました。

礼の仕方も、徹底的に指導されるので頭を下げてる時間も決まってるので学生時代とはまったく違います

この入社式は、社長の挨拶だけでなく沢山の方からも入社にあたり挨拶を頂きます。

その為、結構長いんです。当時の記憶でも1.5時間はあったんじゃないでしょうか

で、挨拶を聞いてる時にまわりを少し見渡すとやっぱりウトウトされるかたもいました

そして・・・

肝心の講師が寝ていました

この時はおい!って思いました

でも、講師は講師で、研修を受けてる面倒をみるだけではなく、夜中まで日報にコメント付けたり、脱走者や夜中にこそこそ何かしていないかを当番制で見張るそうです。

深夜にも及ぶので、講師も寝るに寝れない状態で早朝からのミーティングから始まり私たちの教育を行うそうです。その状態で、色々なミスを起こされればそりゃ怒るのも仕方ないですよね

話がそれましたが、講師が寝ているのを見届けた後に入社式が終了し、クラスに全員集合しました

また飛び交う怒号

この時は入社式が終わり講師共々クラスに戻ってきて一息ついた後

講師が何やらゴソゴソと理念の書かれた紙を外しています

その後、開口一番こう言いました

「お前ら、理念覚えてきただろ言え」と

全員、「え・・・」って言葉に詰まりしばらく沈黙が続きました。そしてすかざす

「お前ら、初日から返事もしねぇし夜は決まった時間に寝ないわ、朝は体操に出遅れるとか何考えとるんじゃ!」と怒鳴られました

そうなんです、昨日の夜更かしの件と朝の体操遅刻と重なり怒りの導火線に火がつきそれが巡りに巡って今に回ってきまし

次に「昨日から、夜更かししたやつと体操遅刻した奴立て」

2日目なのでクラスのほぼ全員が立ってました

講師から「昨日今日となぜ時間を守れないのか考えをまとめて、書いてこい。それで、次から自分はどうするのかまとめて書いてこい!」と

入社式を終えた私たちは「お客さん」から「社員」に変わったわけです。つまりそれは、社会人の第一歩を踏み出したことになるのです

まだまだ子供な私たちは、よりこの研修所の厳しさをこれから痛感しするのでした、、、

ご覧頂き、ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA