中古車を購入するメリット、デメリットとは?

こんにちは!整備士ブロガーtmkです。今回は私が趣味としている自動車について書いていきます。

みなさんは中古車の購入経験はありますか?私は免許取りたての頃に中古車を購入してから、新車を含め様々な車に乗ってきました。中古車は価格が安く買える分しっかりメリット、デメリットを把握したうえで購入しなければいけません

中古車を買うメリット、デメリットとは?

  • メリット
    • 購入価格が安い 
    • 不人気車はお買い得
    • 憧れの車に乗れる
  • デメリット
    • 故障のリスク
    • 燃費が悪い
    • 登録が13年経過すると自動車税が15%課税

この6つのメリットデメリットをそれぞれ説明していきます。

メリット

購入価格が安い

これは中古車を買う最大のメリットと考えます。年式、走行距離にもよりますがとにかく新車を買うより安いです。

スポーツカーや一部の高級車を除いて、年式が経てば経つほど自動車の価格は低下していきます。新車の発売から10年も経過している車でしたらお買い得な車が多く出回っています。

私が今乗っている自動車は、ホンダのミニバンを60万円で購入しました。購入元も信頼できるお店で購入したので、購入後の故障(後述)はありましたが保証が効きましたので高額な出費は今のところありません。

結婚や出産等ライフステージが変化する頃に、新車でミニバンを買おうとすると最安値でホンダやトヨタの7人乗りミニバンが本体価格200万円からのスタートです。オプションを付けたり、新車登録費用を払うのを入れたとして250万~300万円近く値段がかかります。

この登録費用込みで5分の1の値段で買える車があることを考えると、新車購入時に高い金利が付くローンを組んだり、残価設定ローンを組む必要性があるのか疑問に感じてしまいます。

勿論様々な事情がありますので、ローンが決して悪いということではありませんが、過去に新車を乗っていた私の経験上、ローンや残価設定ローンを組んだことがありますが支払いに追われるのでお勧め出来ません。

不人気車はお買い得

車のデザインや性能なんて関係ないから、車を安く変えられればそれでいいという方は、不人気車を購入する事をお勧めします。

中古車は不人気であればあるほど、新車時の値段よりはるかに安く購入することが可能であります。発売してさほど経過していない車がもうこんな値段で買えるなんて言う掘り出し物もあったりします。

  • メリット
    • 価格が安い
    • 故障が少ない
    • 最新装備が付いている
  • デメリット
    • デザインや性能にこだわる方には不向き

年式が新しい車であると運転支援システムがついていたり、新しいナビが搭載されている等のメリットがあります。新しい車は経年劣化による故障のリスクも低下していますので、壊れにくいのも特徴です。

ただし不人気車を買うのは、デザインや性能にこだわりが無い方向けの買い方なので、こだわりがある方にはあまりお勧めな買い方ではありません。

憧れの車に乗れる

これも中古車を購入するメリット一つであると考えます。昔乗りたかったけど、高くて今新車で買えない車も中古車で出回ってます。良い装備や良いエンジンを積んだ高グレードな車に出会うことが可能です。

私も過去に乗り換えの際、レアな車を購入した経験があります。お手頃価格で売られているので、購入への敷居が低く手を出しやすかったです。

スポンサーリンク

デメリット

故障のリスク

中古車である以上仕方ないです。故障の可能性は避けて通れません。メンテナンスの状況で左右されるので一概には言えませんが、中古車である以上経年劣化による故障が出る可能性もあります。

中古車は前の所有者の乗り方が全て出てくるので、荒い乗り方をされていたり、まったくメンテナンスされていない車の可能性もあります。逆にしっかりメンテナンスが行き届いていて、起きた不具合もしっかり修理対応されてきている車は故障の発生リスクが低いです。

車というのは壊れると、修理費用も高額になります。私の経験談ですが、自動車のハンドルを動かすための油圧装置から油漏れが発生して、修理代が20万も掛かりました。危うく自腹になるところでしたが、2年間の保証に入っていたので保証で修理されて自腹になることなく修理を完了させることが出来ました。

  1. 故障すると高額な部品
    • エンジン・・・交換で約50万~100万
    • エアコン・・・約20万
    • 電装品(パワーウィンドウ、ナビ等)・・・約10万
  2. 最低限中古車を確認しておきたいポイント
    • エンジンをかけて機能が正常に動作するか?
    • タイヤにヒビは入っていないか?
    • 故障時の保証制度

この故障のリスクを納得した上で中古車を購入することをお勧めします。部品は本当にメンテナンスの状況によりますので、価格もピンキリですし、壊れる可能性はその車によりますが、新車でも中古車でも壊れるリスクはあります。

これはまた別な記事で説明しますが、中古車を見て勢いだけで購入するのはやめましょう。2項に書いた通り、必ず現物確認を行いましょう。パソコンで見るのと違うことがあるのも中古車の特徴です。

万が一故障が発生しても、しっかり保証修理等対応してくれるお店で安心して購入することをお勧めします。保証料金はかかりますが、故障によって高い修理費を払わされるぐらいであれば中古車で価格を抑えている分盛り込んでも損はないと考えます。

燃費が悪い

これは昔の車を買う場合に注意しておくべきです。今のエコカーと呼ばれている車と比較すると劣る車が多いです。私の車は一般道で8㎞/ℓ、高速道で13㎞/ℓです。燃費を気にするのであれば年式が新しいコンパクトカーであれば、新車にも劣らないぐらいの燃費をたたき出してくれますのでそちらの購入も視野に入れてみるのはいかがでしょうか?

登録から13年経過車は自動車税15%課税

これは中古車の購入するときに気を付けておきたいのですが、中古車の登録した年からディーゼル車は11年経過、ガソリン車は13年経過の車にそれぞれ自動車税が15%課税されます。

自動車税は排気量に応じて払う額の税率が決まっています。その税率に15%かさんされるためこれだけ価格が変わってきます。

総排気量(㏄)標準税率登録13年経過車
(15%課税)
軽自動車(660㏄)10,800円12,900円
1000cc以下29,500円33,900円
1000cc~1500cc以下34,500円39,600円
1500cc~2000cc以下39,500円45,400円
2000cc~2500cc以下45,000円51,700円
2500cc~3000cc以下51,000円58,600円
3000cc~3500cc以下58,000円66,700円
3500cc~4000cc以下66,500円76,400円
4000cc~4500cc以下76,500円87,900円
4500cc~6000cc以下88,000円101,200円
6000cc以上111,000円127,600円
自家用車における自動車税早見表

自動車ではありますが、15%の課税でこれだけ価格の変化が起きるのです。排気量が高ければ高いほど、価格は上がっていきます。年に1回の納付でありますが、これだけ税金が変わることを知っておくことが大切です。

皆様も中古車を購入するときはしっかりメリット、デメリットを把握してから購入することをお勧めします。故障のリスクはありますが、とにかく新車では買えないような価格で購入できることが中古車の魅力です。

どうか皆様のカーライフに合わせて良い車を購入してください!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA