冬タイヤの使用限度【必ずチェックしておきたい2つの溝とは?】

いよいよ冬の時期が本格的に迫ってきて、車を所有されている方はすでにタイヤ交換を済まされている方、まだこれからという方もいるかもしれません。

皆さんは冬タイヤには2段階の使用限界があることはご存知でしょうか?

スタッドレスタイヤは、夏のタイヤと違い主に凍結路と雪道の使用が主な目的で使われています。

タイヤは消耗品なので、走れば当然摩耗すします。機能確認のために点検しなければなりません。

それは冬タイヤ機能維持の「プラットフォーム」と摩耗限界の「スリップサイン」呼ばれています。

必ず取付前や、冬季の終わりに必ず点検しておくことをお勧めします。

新品から残り溝50%で雪道の機能が低下

プラットフォームとは、冬タイヤとして走行できる機能維持のための限界溝です。

タイヤのサイドウォ―ルを見ると、矢印が付いているのですがこれがプラットフォームの目印です。

この目安は新品時より、溝が50%摩耗している目安になります。

この溝の摩耗まで達すると、凍結路や雪道を安心して走ることが出来なくなり、使用限界を迎えるのです。

機能しなくなったタイヤで凍結路面や積雪路面を走るのは非常に危険です

プロにタイヤ交換を依頼するのであれば、指摘を受けた場合にはタイヤ交換を検討しないといけないですし、自らタイヤを取り換えるのでであれば点検を欠かさず行いましょう。

しかしスリップサインではありませんので、凍結路を走らない用途として使用は可能です。

主に雪国の使用であるのであれば、この目安をもってタイヤを取替が適しています。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤのスリップサイン

次にスリップサインについてです。これは夏タイヤにも記されていますが、摩耗限界と呼ばれるものであり、タイヤとして機能の限界となります。

残り溝は1.6㎜では、雪道や公道も走ってはいけません

車検も通らないし、雨の日の運転も非常に危険です。

これ以上の使用を続けると、バーストやパンクなどにつながります。

ハイドロプレーニング現象などのスリップ原因にもなりかねません。

とにかくこの溝まで摩耗が達したらすぐ取替しておくべきです。

命を守る為に

命を守るためのタイヤであるからこそ、取付前に冬タイヤの残り溝は必ずチェックしておきましょう。

タイヤ起因による事故はドライバー自らの点検で防ぐことが出来るのです。

例えタイヤ4本が高額な出費であったとしても、命に比べれば安い物です。

事故を起こした後に、あの時に購入しておけばよかったと後悔しないように、点検を行い摩耗状態で取り替える判断をするためにも事前に摘み取っておきましょう。

ここまで見て頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA