格安SIMに移行で月〇〇円の固定費削減【auユーザー必見】

こんにちは!整備士ブロガーtmkです。

今回は、鉄道とは関係のない日々の生活について書いていきます!

皆さんは格安SIMをご存知ですか??

簡単にいうと大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の通信設備を間借りして運用している通信事業者(MVNO)のサービスを指し、これを俗称で「格安SIM」と呼んでいます。

大手キャリアと違い、格安で通信料金を提供できるのが強みなんです!今私が使用している会社は「UQmobile」です。

これで、1年間運用した結果、月1万の携帯代が4000円以下になりました!

嘘だと思う方、UQmobileについて以下のポイントを抑えることで乗り換えの不安も払拭できます。

  • どの会社のスマホが対象??
    • auキャリアのスマホもしくはSIMフリーのスマホが対象
    • 注意点としてそのスマホが使用可能かどうかはホームページで要確認
  • 電話はできるの?電話番号は変わらない??
    • できます。プランによって無料通話付き
    • 番号は変えないようにMNP転出すれば、番号の変更なく使えます
  • ギガはどのぐらいあるの??
    • スマホプランRで9GBです(新プランは10GB )
    • ギガ消費しない節約モードとキガ消費する高速モードの変更が可能
  • 料金はいくらぐらい?
    • 私のプランでスマホプランR(9GB)+通話付きで税込3830円~
  • キャリア携帯の違約金がかかるのでは??
    • 1万円かかっても乗換後の浮いた費用で回収可能
  • 乗り換える場合メールはどうなる?
    • 乗換後メールアドレスはGmailがお勧め
    • キャリアのドメインが使用できなくなるため、Gmailを登録してキャリアに登録分は予め変更を推奨⇒他会社の格安SIMに乗り換えでも使用できるため損はないはず
  • 月6000円の節約効果
    • 12か月×6000円=年7万2000円の負担軽減
    • 3年続けると21万6千円の節約

通信費をどうしても抑えたかった

皆さんは、月いくら携帯料金を払っていますか?

大手キャリアと契約すれば、プランにもよりますが、毎月1万円も払っていたりしませんか??

昔は私もドコモとauを利用していて、どちらの会社でも料金の支払いが1万円もあったのです

まだ20半ば頃、会社の給料もまだまだこれからという時に携帯料金の支払いが足かせでした。自家用車のローンも合わさり月の支出がそれなりにある状態だったのです。

赤字状態になることはありませんでしたが、月の貯金ができない状態に陥り節約を決意。

そこで浮かんだのが、携帯料金を下げる方法でした。

「月1万も払っているのがばかばかしいから、どうしたら節約できるか調べよう!」と奮い立ち格安SIMへの乗り換え作戦が始まります。

まずローンの完済が優先ですが、貯金もなかったのでまずは通信費削減を第一目標で動き始めました。

スポンサーリンク

スマホとガラケーの2台持ち

当時ドコモで購入したスマホを利用していて、ビッグカメラが発行しているビッグSIMというものに出会います。

ところがドコモの契約を更新時期以外で解除すると、違約金1万が発生してしまうのです。

仕方ないので契約プランは解約せず、最安値のメールと電話のみ使い放題(音声通話付)のFOMAプランに変更。

ガラケーの使用で月料金が1000円程に抑えることに成功。併せて格安携帯(ガラケー)を秋葉原で購入(3000円)そして、スマホのプランはビッグSIMをデータ通信のみ契約

この結果、月4000円いかない程度に抑えることに成功し月1万円かかっていたのが6000円も節約できる結果につながりました!!

しかし、2台持ちの不便さを味わうのです・・。

  • スマホは電話不可の為インターネットのみ使用
  • 仕事の電話とメールはガラケーで対応
  • 出かけるときに2台持ち出さないといけないので不便

1年程使って慣れてきてはいた矢先に、あることがきっかけで2台使用をやめることになりました。

当時最新鋭のiPhone6が登場したのです!

いや欲しい!でもキャリアで買わないと高い!悩んだ挙句、当時乗り換えで違約金のキャッシュバックを負担してくれるキャンペーン(どこでもやってましたね)を展開していたauショップに向かいました

キャリア生活に逆戻り

当時はiPhone6に目が眩んだ私は、キャッシュバックや月々サポートで分割利用にすると本体の実質負担金が安くなるプランに惹かれていました。

auショップであっさりとMNP(携帯電話番号をそのままに他社に引継げる番号ナンバーポータビリティー)を利用してドコモからauのiPhone6に変えてしまうのでした。

今振り返ると、当時SIMフリースマホを購入して音声通話のSIMを契約しなおせば、わざわざ乗り換えずに済んだのです。

勉強不足な私は、キャリアで発売されているiPhone6を改めて契約するミスを犯してしまいました。

そして携帯料金は返済費用も含め、約1万円に膨れ上がってしまうのでした。

スポンサーリンク

UQmobileへ乗り換え

iPhone6を購入してからauキャリアをしばらく使用してきました。しかし購入から5年も経過すると、本体のバッテリーの持ちが低下すると共に本体も使用感が出てきてぼろぼろになりつつありました。

そろそろ新しい機能も兼ね備えている魅力的なスマホが欲しいと思っていたそんな矢先に・・・。

iPhone11が登場しました!!

乗り換えるしかないと思った時、さらに追い風が吹きます。

なんと契約の更新時期とiPhone11の発売時期が重なったのです。これはチャンスと思いネット通販でiphone11を一括購入しました。

※契約更新時期というのは、対象月に契約プランを解約しても違約金がかからない時期を指します。その月以外での解約の場合には違約金が1万円も発生しますが、格安SIMに契約して浮いたお金で違約金は回収できます。

ここに乗り換え前の準備をまとめておきます

  1. メール登録先がキャリアメールの場合、Gmailに変更
  2. auのサイトにおいてMNP予約番号を発行(15日間有効)
    • 有効期限の間に申し込みを済ませる
  3. UQmobileに利用申し込み
  4. SIMカードが届く為、MNP転出などの必要な手続きを開始→MNP転出で解約される
  5. 手続きが済むとauは解約されUQmobileへの乗換が完了

※UQmobileは契約の際、事務手数料で3300円の費用が掛かります

MNP予約番号の発効後、iPhone11とUQmobileのSIMが届き、必要な手続きを実施後に乗換が完了しました。

UQmobileの1年運用結果

昨年の9月から今年の11月にかけてUQmobileを運用した感想をここにまとめます。

  1. 高速通信(ギガ消費有)と節約モード(ギガ消費無し)の切り替え可能
    • 節約モードは多少重いが問題なく使用できるのと、音楽やSNSもYouTube等ギガ消費無し!
    • うまく節約モードを使用すればその月のギガを維持できる
  2. 余ったギガは翌月に繰り越し可能
  3. ギガを使い果たした場合でも追加可能
  4. 月1万の携帯代が4000円に減ったことで6000円の節約に成功
月の料金参考
高速節約モードの切り替えが可能!

いかがだったでしょうか?auユーザーの方は、この節約効果を見ればUQmobileに乗り換えない手はないはずです!

格安SIMをうまく活用できれば、月1万の携帯代が4000円に節約できる夢のようなお話なんです。

固定費削減に悩まれている方、まず携帯代金の見直しから始めてみてはいかかですか??ほんの少しの手間をかければ、節約効果の高い見直しが可能になります。是非auユーザーに限らず、格安SIMへの乗り換えをお勧めします。

ここまで見て頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA