稼ぐ練習にメルカリを勧める理由

こんばんは!

今日は、鉄道とは少し違う話です。

結論から申し上げますと、「最後まで面倒が見れる人はメルカリに向いている」と考えています。

これは、メルカリは簡単に始められるハードルの低いフリマアプリですがお金を頂いて商売していることに変わりないからです。

相手から、お金を頂くわけですから目先の利益に囚われ、最後まで面倒を見切れない方や準備が面倒な方は始めない方が良いと考えています

どうしてかというと、相手が受取評価する為に適当なことをすると、受取評価によって自分の首を絞めてしまうことになるからです。

始めたきっかけ

私が2年ほど前から、不要品の処理に困り果てどうしたものかと思った矢先にメルカリというフリマアプリに出会いました。

当初、私みたいな素人がフリマアプリで本当に物を売ることができるのか?と疑問に思いながら初めは気軽な気持ちで始めました。

すると、自分の予想に反して出品したものがどんどん売れていくようになりました。

それもあり、どんどん梱包作業に追われました。

ただ、相手がいる以上は雑なことはできません。梱包にも気を使いながら売り続けた結果今日までの売り上げは「約6万円」でした。(2年開いたのは一度売るのを休んでました)

6万も売れたのは、ものすごい達成感でした

売り上げを上げられたのも、買ってくれた方がしっかり評価して頂き、評価を上げていただいたおかげでもあります。

そこで、今回「稼ぐ練習」ということで私が積んできた経験談を皆様に展開できればと考えています。

スポンサーリンク

メルカリの仕組み

簡単に説明すると・・・

  1. スマホから簡単に売買ができるフリマアプリ
  2. 費用は商品の売り上げから販売手数料の10%と、配達に必要な発送料金のみ引かれる
  3. 相手に名前を知られない!匿名配送ができる

やり始めて、すごく簡単に売買できるのだと感心しました。

発送方法について

いざ商品の売買の際に運送業者に委託します。メルカリが対応している発送方法の代表として、らくらくメルカリ便ゆうゆうメルカリ便梱包・発送たのメル便選択ができます

両社共にコンビニ発送が可能ですが、らくらくメルカリ便の方が対応幅は広いです。

梱包発送たのメル便は、私は利用の経験がありませんが大型家電はこのサービスを利用した方が楽であると考えます

簡単に表にまとめてみました!参考程度してください!

サイズ
3辺合計
発送送料

らくらくメルカリ便(ヤマト運輸)
ネコポス

160サイズ
営業所
セブンイレブン
ファミリーマート
175円~
1600円
※25㎏迄

ゆうゆうメルカリ便(日本郵便)
ゆうパケット
ゆうパケットプラス
100サイズ
郵便局
ローソン
200円~1000円
※25㎏迄

売れる商品は何?

売れる商品は・・・基本的になんでも売れます!

※ただし、規約違反にならない商品に限りますよ!

メルカリガイド」の「禁止されている出品物」を参照してください

私が、出品して売れたジャンルを並べてみます

  • ホビー系(サバイバルゲームグッズ)
  • ゲーム
  • 漫画
  • 音楽CD
  • カー&バイク用品
  • 家電
  • 不要スマートフォン
  • 衣服

上記商品は良く売れました!

高額になりやすいのは、スマートフォンとホビー系は売れるスピードが滅茶苦茶早いです

売るための準備

売れるために下に記す事を守っておいた方が良いでしょう

  • 写真をたくさん撮る(出来れば背景はカーペットや白布の上で撮影を推奨)
  • 商品の状態説明(サイズ、傷やにおい、動作確認)
  • 値下げに応じるコメント ※商品次第で値下げはある程度は応じましょう
  • 購入後は、早めの梱包発送(24時間以内の発送者の称号が貰える)

これを売る側は準備しておいた方が良いと考えています。

本、CD、ゲームなどはバーコードがついている商品はスキャンしてくれる機能がついており

ハッシュタグと商品説明を概要欄に載せてくれる機能もあります※商品によりできる場合とできない場合があります

参考に商品の説明スクリーンショットを添付しますので参考にしてください

抑えておくと良いポイント

売るにあたり、抑えておくと良いポイントが4つあります。

  1. 店舗買取より高く売却できる可能性が高い
  2. 値段設定を誤ると利益が残らない
  3. 梱包サイズは小さくすれば配送コストを抑えられる
  4. ヤマト便なら、PUDOステーションを活用する

1の店舗買取については、私の実感として

本.CDについては持ち込み量によりますが、古い本や黄ばんだ本は買い取ってくれません。回収されるか雀の涙程度の金額でしょう

そんな状態であっても、値段をつけて売ることができるのがメルカリの魅力でもあります

2の利益が残らないは、販売手数料が10%かかるわけですので

300円のものは30円取られるわけです。残りの270円から、配送料が引かれるので価格設定は慎重に行わないといけません

3の配送コスト、これも包装によって配送料が上がります※60サイズ以降の配送料は、運送会社が計算の上算出される為

配送に出す前に自ら3辺の合計をあらかじめ確認しておきましょう

4の「PUDOステーション」これはヤマト便の宅配ボックスです!

これは本当に便利です!

発送手続きをコンビニに行って踏まなくても、QRコードをかざせば簡単に発送手続きができるのです!

※配送控えが出ないのが唯一のデメリット

筆者もこの存在を知ってからずっと使っています

ちなみに、宅配ボックスのサイズには限りがあるのとボックスが満杯だと対応できないのでご了承下さい

売れたら終わりではない

ただ売れれば終わりかと思いきや、そうではありません。

メルカリは売れた後に自分で発送対応と、受取側の評価が待っています

  • 売却後、自ら梱包と発送作業が生じる※大型品はサービスに梱包代行有
  • 商品の受け取り時に購入者から評価を受ける※ここ重要

肝に銘じていただきたいのですが、ただ売ればよいだけではありません。

自分で出品している以上、梱包から発送までは出品者の責任で行わないといけません。

購入者が受取後、評価されて初めてお金が入ることを忘れないでください。

評価数と星の平均値は出品者の画面に表示されます。

これは信用のバロメーターになりますのでいくら良い商品を出品していてと対応が悪いと、誰も買って貰えなくなります。

その為、売れた商品は責任をもって発送しましょう

気軽に始められますが、最後まで面倒を見ないといけません。

雑なことをすれば、全部自分の評価を下げられることを忘れないようにしてください。

発送前に準備しておくと良い物

いざ、発送となったときに梱包材の準備をするのは構いませんが

発送を前提として、先に材料を用意しておいた方が良いです

そこで、前もって準備しておくと良い物を下に記しました。

  • 梱包材(商品を保護するプチプチ)ロールタイプで2000円程
  • 梱包用ネコポス、宅急便コンパクトの段ボール(発送対応コンビニで専用品の購入可)
  • 梱包用段ボールもしくは紙袋(3辺計:60サイズ以上の梱包に役立つ)
  • ガムテープ(布、紙どちらでも構いません)
  • ハサミ
  • マーカー(複数品を梱包するときに配達ミスを防止)

初期コストとして、約3000円ほどあれば準備が出来ます

メルカリで得られた事

最後は、出品によって得られたことについて書いていきます。

  • 出品、売却、発送、支払と基本的な商品の流れを理解することが出来る
  • 商品をどう説明するか考える力とまとめる力がつく
  • かかるコストを計算した上の価格設定を身に付けられる
  • 最後まで面倒を見る責任感が自ずと芽生える
  • 売れてお金が入ることで私もできるんだと自己を肯定できるようになる

簡単にまとめましたがいかがでしたでしょうか?

メルカリは、気軽にはじめられるハードルの低さが魅力ですが商品の扱いをおろそかにしてはいけません。

出品した商品を買って貰ったということはこちら側で相手に対してその商品価値を落とさぬよう的確なサービスを提供しないといけません。

これは、何にでもいえることですが購入した側に不利益を与えてはいけません。

それをすれば、「評価」という形で全て自分に跳ね返ってきます。

予め、雑なことしかできないようならメルカリを始めないでおくことをお勧めします。

でも、出していた商品を受取評価してもらって相手から「子供が喜んでいます。ありがとう」とか、「懐かしいCDを購入できてとても良かった」と嬉しい評価を頂けることもあります。

そうした積み上げができると、私にもできる!ととても気持ちが前向きになります。

その力が次の商品を売ったり、自信がついて他の事にも手が出せるようになります。

興味のある方は「メルカリ」是非初めて見てください!

ご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA